ワキガ治療

わきが治療法・ボトックス注射・皮膚組織削除方法・吸引法・反転剪除法

わきが手術の方法

 

わきがの治療法にはどのようなものがあるのでしょうか?
わきがに悩む人はここが不安でわきが治療に踏み出せないでいるのではないでしょうか?

 

今日から数回に分けてわきが治療手術と、切らないわきが治療法について解説を行っていきますので、わきが治療に二の足を踏んでいる人は是非参考にしてわきがと戦う決意をしてください。

 

わきがの手術に抵抗がある方はデオドラント商品があります。

 

クリアネオという商品は強力に消臭してくれるのでおすすめです。

 

>>クリアネオを見てみる

 

◆わきが手術 (切除法)

 

この方法は美容整形外科で行うわきが手術で、腋毛の生えている部分の皮膚を大きく切り取る方法です。
この切除法は、わきがの原因となるアポクリン腺を皮膚ごと切除してしまうという少々強引なわきが治療法です。
切除法によるわきが手術は実は古典的で、近年は切除法によるわきが治療はあまり行なわれません。

 

切除法によるわきが手術は、あまり広範囲に行うことは難しくわきがの原因となるアポクリン腺のある部分を全部切り取ることは困難です。
切除法により切り取った部分は皮膚がアポクリン腺ごと無くなってしまうわけですから、残った皮膚同士を縫い合わせなければいけません。
結局中央部だけを切除することになることが多く、切り取った傷の周りに腋毛や汗腺が残るなど、わきが治療効果としては不完全となりやすいのが切除法によるわきが手術の欠点です。

 

また、切除法は大きく皮膚を切り取り無理して縫い縮めるわけですから、傷痕も大きく残りますし、皮膚のつっぱりや腕が挙げ難くなる等、わきが手術としては致命的な後遺症が残ることがあります。
切除法の合併症を補うために皮膚をZ型やW型に切り縫合するわきが手術法もアレンジされていますが、いずれにしても腋毛の生えている部分の皮膚をすべて切り取ることは困難で、症状だけ考えても切除法では不十分なわきが治療効果しか得られないようです。

 

次回は切除法よりもわきが治療効果の高い反転剪除法によるわきが治療を紹介します。

 

 

ボトックスによるわきが治療

 

わきが・多汗症であっても手術は避けたいと考える人が多くいらっしゃいます。
わきが治療は簡単と言われていますが、わきが手術自体は簡単に済ませられますし、保険適用によるわきが手術であれば費用もそれなりに安く抑えられるのですが、わきが治療はわきが手術そのものよりもわきが手術後のケアの方が大変である場合が多いのです。

 

わきが手術体験者のわきが手術体験談を見てもらえればわかりますが、わきが手術後はわきを動かないように、そしてわきに力が入らないように固定しなければなりません。

 

普段の生活ではあまり意識しないことかもしれませんが、わきの下を固定されるというのは結構普段の生活にも支障が出てしまうものなのです。

 

ですので、普段どおりすぐに学校や仕事に復帰することはできないと考える必要があるため、全く休みが取れないような方にはわきが手術はオススメできません。
だからといってわきがの悩みからは一刻も早く解き放たれたいですよね?

 

そんな方へ朗報なのですが、ボトックス注射によるわきが治療が近年は行われています。
ボトックスというA型ボツリヌス菌を製剤化した薬剤を注射することによりわきがの臭いや多汗症の発汗を抑えるのです。

 

ボトックスは交感神経線維をブロックすることにより汗腺への発汗指令を止める働きをしますので、汗腺そのものが減るわけではありません。
ボトックスのこの神経ブロックの効果が薄れると徐々に以前と同様に汗が出てきます。

 

ボトックス注射によるわきが治療の効果は個人差もありますが、ボトックス投薬の量が多いほどわきが治療効果が長続きすることは医学文献上も確認されています。
一般的にボトックス注射によるわきが、多汗症治療の効果は約4〜8ヶ月位とされていますので定期的にボトックス注射を行うことが必要です。

 

 

そしてこのボトックス注射はすそわきが治療にも効果的です。
すそわきがは患部が陰部であるため、通常のわきが治療のような手術ができません。
すそわきが治療はボトックス注射によって汗腺の働きを止めてすそわきがの臭いを止める方法が最も一般的なのです。

 

 

わきが手術法「皮膚組織削除法」

 

わきがは原因がはっきりしていますので、治療すれば必ず治ります。
子供にもわきが体質の子供がいますが、子供のわきがは体質遺伝によるわきがという可能性が高いです。

 

わきがの口コミ情報サイトなんかを覗いてみると、わきがの悩みを抱える方の書き込みが多く寄せられているのですが、

 

「自分はわきがかもしれません。父母はわきがではなかったのですが祖父がわきがでした。汗の量も多くわきがではないか心配です」

 

といったわきがの悩みが多かったのが印象的です。
3割程度の確率でわきがは遺伝するのです。

 

わきがは脱毛すれば臭いが軽減されるとか、わきがの臭いを消す薬なんてものも通販サイトで売られていたりしますが、わきが口コミ掲示板情報によれば、わきがの臭いには脱毛はあまり効果がないという人が多いみたいです。

 

これは剃ったり抜いたりレーザー脱毛、いずれの方法でも同じようです。

 

わきが治療には手術が最も適しています。
勇気を出してわきが手術について調べてみてください。

 

 

◆わきが手術法(皮膚組織削除法)

 

皮下組織削除法による脇が手術は、ローラーとカミソリの刃のようなものがついた器具で皮膚を裏から薄く削る方法です。
2cm程の切開で皮膚を紙のようにペラペラに極薄に削ることも出来るため、わきが原因のアポクリン腺だけではなくエクリン腺もほぼ完全に取ることが可能で、脇が手術後の外観はともかく、汗腺を取ることだけには非常に良い手術方法です。
しかし皮膚組織削除法は、わきが手術後の厳密な自己管理が必要となり、管理不足だとワキの皮膚が壊死してしまうこともあります。
わきの皮膚を極薄に削るわきが治療であるため、施術する美容整形外科医には熟練した技術が必要となります。
未熟な美容整形外科医が皮膚組織削除法による脇が手術を用いた場合、わきが治療効果が悪かったり、わきの皮膚に刃による縦の裂き傷が付いてしまうこともあります。
技術が良く、完璧に行えた場合でも、皮膚組織削除法による脇が手術は皮膚が美しさを保つ上での真皮の実質組織をほとんど削いでしまうために、見た目の質感が老人の皮膚のように悪くなってしまいますし、ダブルタイオーバー固定という強力な締め付けで太い糸の痕が多数残ってしまいがちなのは欠点です。
わきが治療後の外観を全く気にされず汗腺は徹底的に取って欲しい人、男性向きの脇が手術といえるでしょう。

 

 

わきが手術「吸引法」

 

わきが治療は、美容整形外科にて行われることが多いため、わきが治療は整形手術であるとの認識が一般的ですが、わきが治療は正規のルートで行えば美容整形外科であっても保険適用がされます。

 

本当にわきが手術に保険適用されるかどうかが心配な人は、わきが手術を申し込む際に保険適用されるかどうかを必ず確認してみてください。

 

料金の目安としては、両わきのわきが手術で治療、アフターケア込みで5万円程度と考えればよいでしょう。

 

もちろんわきが治療を行うクリニックによって料金設定が違いますので一概にわきが治療は全て5万円でできると断言はできませんが、この金額とあまりにもかけ離れているわきが治療の場合は「何かある」と疑ってかかるべきでしょう。

 

わきが手術にはそれなりの予備知識を持って臨むことが重要です。
めんどくさがらずに、美容整形外科のサイトでわきが手術の方法や料金について一通り調べてからクリニックへ向かうようにしてはいかがでしょうか。

 

もちろんこのわきがとすそわきが治療最前線でも、脇が治療情報の提供は行っていきますのでお見逃しなく。
そこで今日はわきが手術の方法「吸引法」を紹介します。

 

 

◆わきが手術(吸引法)

 

わきが手術の吸引法は、美容整形手術の脂肪吸引からヒントを得て開発された脇が治療法です。
吸引器にストローのような金属の棒(カニューレ)を取り付け、この器械を使い、ワキの下のアポクリン汗腺を取り除くことが目的の方法です。
しかしわきがのアポクリン腺は真皮とよばれる硬い皮膚の中にありますので、この器械では完全にわきがのアポクリン腺を取ることは出来ないため、再発が多く腋毛も残ってしまいます。
吸引法は皮膚の切開も数mmと小さく、わきが手術後の回復が早いのが特徴ですが、最近は評判があまり良くないようです。

 

 

 

 

わきが手術法「反転剪除法」

 

前回のわきが手術法の紹介では、古くから行われてきたわきが手術法である切開法を紹介しましたが、前回の記事でも紹介したように切開法ではわきが治療による後遺症が残ってしまう可能性が高いため、最近ではあまり行われないわきが手術なのです。

 

当然わきが治療を行う美容整形クリニックも手をこまねいて見ているだけではありませんでした。
わきがの原因であるアポクリン腺を完全に除去し、皮膚の傷跡を最小限にとどめるためにはどうしたらいいのか、日夜わきが手術の研究、改良が進んでいます。

 

そこで開発されたわきが手術方法が今日紹介する反転剪除法によるわきが手術です。

 

この反転剪除法は、わきが手術によってできる傷や色素沈着はある程度覚悟している方で、完全にわきがの臭いを取り除き、多汗症による汗も極限まで減らしたい方にお勧めです。

 

 

◆わきが手術法(反転剪除法)

 

剪除法は、わきの皮膚を裏から削り込んで、汗腺を取り除くことにより臭いや多汗の症状を治そうという治療です。
反転剪除法にはワキの下の脱毛効果もあります。わきの皮膚を削っていくため、アポクリン腺のみではなくわきの毛根まで削り取るためです。

 

反転剪除法によるわきが手術は、わきの下のシワに沿って切開します。
反転剪除法はアポクリン腺・皮脂腺・エクリン腺を徹底的に直視下に、指で皮膚を裏返しつつハサミで少しずつ切除していく方法です。
このわきが手術を徹底して行えばアポクリン腺、エクリン腺がほとんど取れるだけでなく、腋毛の再生もありません。

 

しかし、皮膚を均一の厚さで削り取るのはかなり難易度が高く、皮膚の裏側が凹凸になってしまうと厚みのある部分に汗腺が残ってしまうことや、削りがギリギリ過ぎると皮膚に穴が開いてしまったり、皮膚が壊死してしまうこともあります。
逆に削りが不十分なままではわきがの臭いや汗腺がしっかりと除去できず不確実になりやすいため、反転剪除法には熟練した美容整形外科医の技術が必要になるのです。

 

反転剪除法の手術時間は最低2時間はかかり、腋毛の生えている周囲の部分までしっかり行うことがポイントと言えます。
ただ この方法は皮膚が美しさを保つ上での真皮をほとんど削いでしまうために、傷の長さだけでなく見た目の質感も悪くなってしまうことが欠点です。